Page top


絹100%
長さ約3.6m(お仕立て上がり時)
生地には、「白山工房」謹製の牛首紬地を使用しております。

◆最適な着用時期 袷・単衣 <盛夏以外(6月末~9月上旬以外)>

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、お食事会、付き添い、お茶席、お稽古事、街着、カジュアルパーティー、ランチなど

◆あわせる着物 色無地、小紋、織のお着物など


日本工芸会正会員、群馬県指定無形文化財保持者であられた
江戸小紋染め師、藍田正雄。
惜しまれながらも、先日他界されました。

雑誌「美しいキモノ」にも数々登場しておりますから、
きっとその神業とも言える職人技をご存知の方も多いことでしょう。

そんな神業を、石川県の伝統工芸品牛首紬の地に表現したなんとも贅沢なお一品。
塩瀬のお生地のお品でも流通はかなり少なく、今回のお品とのお出会いはまさに一期一会。
この機会を大切にお見逃しのなきようにお願い致します。

江戸小紋は武家の裃の柄として用いられ、
現代では礼装にもおしゃれ用にも使えるモダンなきものとして愛されておりますが、
すべてを手仕事で行っている工房は日本でも三軒ほどと言われております。

そのうちの一軒が、藍田正雄さんの工房。
現役の職人であり、伝統の技を次世代に伝える指導者でもある藍田氏。
江戸小紋にかけた藍田氏の作品を贅沢にも牛首紬に添えて・・・

日本の三大紬、大島・結城・牛首。
そのなかでも、年間生産量が一番少ないものが牛首紬です。
双子の蚕(玉繭)から取れる希少な糸だけ用いますため、年間9万反の大島に対して、牛首紬は年間2千反と言われております。

白山山麓、白峰村に今も織り継がれる牛首紬。
加賀の国・白峰村一帯の集落は、古くから自然の玉繭を原料に手機紬が織られてまいりました。

しなやかで強くシワになりにくく、かつ独特の地風と光沢の素晴らしい風合いの耐久性に優れた牛首紬は、釘にかけても破れないほど丈夫と言い伝えられておりますので、別名「釘抜紬」とも呼ばれます。

今回ご紹介いたしますのは、そんな贅沢な牛首紬の生地を使用し、
藍田氏にしか生み出すことができないと言われる、「板引き杢(いたひきもく)」。
夏の簾(すだれ)の二枚の揺らぎから発想されたおひとつでございます。

長年の経験から生みだされる染めには、職人技というだけでない、
藍田氏ならではの鋭い感性と人間的な温かさが加わります。

さらりとやわらかでなtyラルナ節感のある牛首紬地。
氏の代表作として有名な、万筋を優艶な意匠に染め上げました。

また、引杢染によって生まれる婉曲の繊細な無地場。
眺めるほどに、その豊かな創作の妙を感じていただけることでしょう。

染め帯にも、確かなる気品をもって…
背筋が凛と伸びるような、
芯の通った美しさをお楽しみいただきたく思います。

室町でも、なかなかおみかけできるものではございません。
どうぞこの機会をお見逃しございませんようにお願いいたします。

 ■藍田正雄プロフィール

1940年 茨城県竜ヶ崎市に生まれ3歳で高崎に移る
1956年 東京都大井町の染色工房で修業
1966年 高崎に戻り、父と一緒に仕事をする
1977年 群馬町足門(現高崎市)に工房を構える
1983年 日本工芸会正会員となる
1986年 日本伝統工芸染織展 文化庁長官賞
1991年 日本伝統工芸新作展 朝日新聞社賞
    日本伝統工芸新作展 鑑査及び審査委員
1992年 日本伝統工芸染織展 日本経済新聞社賞
1993年 民族衣装文化普及協会名誉総裁三笠宮妃殿下より伝統文化賞授与
1997年 日本伝統工芸染織展 鑑査及び審査委員
1998年 米国カリフォルニア大学及びクーパーヒューイット美術館で実演
    群馬県総合表彰を受ける
    日本絹の里で天皇皇后両陛下へ江戸小紋の技を披露
1999年 群馬県指定重要無形文化財保持者の認定
    フランス リヨンで江戸小紋の実演
2000年 中国 蘇州大学で江戸小紋の実演
   「江戸小紋 藍田正雄・人と作品」展 (群馬県立歴史博物館)
2002年 群馬県功労者表彰
2007年 伊勢型紙技術保存及び伝承者育成保護事業10年
2008年 伝統文化ポーラ賞
    高崎市文化賞
2010年 「藍田正雄の江戸小紋 極小美の世界」展 (高崎市タワー美術館)
2011年 旭日双光章を受章
2013年 高崎市文化賞受賞作家展(高崎市タワー美術館)
    クーパーヒューイット美術館所有の型紙(鳳凰)復刻及び実演
    鳳凰柄着物・マフラー・復刻型紙を当美術館にて永久保存
    日本伝統工芸展60周年記念賞受賞



 If you have any questions please feel free to contact us.
≪toiawase@kimonoichiba.com≫
※こちらの帯のお仕立てには染帯用綿芯がおすすめです。

九寸帯のお仕立て
(染帯綿芯九寸<おすすめ>) (綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

[AHK074440ZW]-[TP:渡邊]-[PS:渡邊]-[CH:田中郷]-[文責:吉澤和]-[1228017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

その他のStoryはこちら

【数量限定】 【小紋師 故:藍田正雄】江戸小紋染牛首紬九寸名古屋帯≪板引杢≫「万筋に霞」手技の極…至高のしゃれ帯。-帯